ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年04月18日

財務分析


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人入江会計事務所の長船です。

仕事上、財務分析について話題がでることもありますが、
財務分析とは具体的にどういった手法なのでしょうか。

大きく分類すると、
収益性・安全性の分析、
また、資金繰り・企業価値等を分析していくこととなります。

指標として収益性分析については、
総資本利益率
自己資本利益率
売上高利益率
総資産回転率
損益分岐点

安全性分析の指標としては、
流動比率
自己資本比率
固定比率

といった数値を参考にしますが、
基本的に決算書や試算表の数値を基に算定し、
会社の特徴、強いところや弱いところ、改善点などを考えていきます。

難しい言葉が並んでいますが、
たとえば売上高利益率、は売上に対する粗利の割合いになります。

高い方が付加価値の高い商品を販売していることになりますし、
多くの経営者の方がいつも気にされていることろかと思います。

また、
経済産業省が企業活動基本調査等の公表を行っていますので、
業種ごとの割合を確認して、自社の分析数値に照らし合わせて、
評価を行っていくのも一つの方法かと思います。


上記のような指標については、
例えば建設業経理士検定などでは試験科目になっており、
建設業経理士の資格は経営事項審査を受ける会社様においては、
加点の対象となりますので有利に働きます。

建設業許可を受けている会社の経理の方で、
財務分析に興味のある方はぜひ勉強してみてはいかがでしょうか?

決算書の見え方が、
少し変わるかもしれません。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 長舩 at 09:00 | Comment(0) | 日記
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office