ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年06月12日

オーバーツーリズム


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の中野です。



オーバーツーリズム、という言葉をご存じでしょうか。

最近、耳にするようになったのですが、観光客が集中する事による弊害が

問題にされるようになりました。

1063577.jpg

数年前、京都や大阪を平日の昼間に歩くと外国人の多さにビックリしました。

今はその状態に慣れてきたため、以前ほどビックリしませんが、

改めて注意すると、やはり外国人の多さに気づきます。

マナーの悪い外国人観光客がいる、といった問題点は従来からありましたが、

オーバーツーリズムは、少し意味合いが違い、「観光客が想定以上に

集中する事により起きる悪影響」といったニュアンスになります。



例えば観光客が集中する事により、渋滞が発生したり、地元の人が生活のための

バスを利用できなくなったり、夜間の騒音に悩まされたり、といった事が

挙げられます。

9beebc80c6cb35c4d6835f8bc1de73fb_s.jpg

実際に京都では生活のためのバスを「バス一日乗車券」を持った多数の観光客が

利用するため、買い物や病院に行くためのバスに乗るために、バスを1,2台は

待つ事が当たり前になっていたようです。更に紅葉や桜の季節になると渋滞してしまい

バスが全く動かなくなる事もあったようです。



京都市はオーバーツーリズム対策として、観光客の分散化を進めています。

例えば、観光客が桜と紅葉のシーズンに集中してしまうのを分散化するために

どちらかと言えば閑散期である夏と冬への分散を図り、夏は「青もみじ」、

冬は「花灯路」といった観光を創り出す事で、季節による分散を図っています。



また、時間の分散という意味で「朝観光」にも取り組んでいます。

例えば二条城では通常より1時間早く開ける事で、ゆっくりと観光ができる上

観光客の集中する時間を少しでも分散できる効果がありました。

更にこの早くしたオープン時間で、城内で予約制の朝食を食べられる、という

新しい観光も始めて非常に人気を博しています。



観光立国を目指す日本にとって、オーバーツーリズムの問題は必然と言えます。

しかし、どこに問題があるかを正しく分析し、それを解決するための方策を

考えると、従来だと考えてもみなかったチャンスが作り出せるのかもしれません。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 中野 at 00:00 | Comment(0) | 日記
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office