ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年06月22日

さくらんぼ


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所



税理士法人 入江会計事務所の中野です。



庭に植えていた桜の木にサクランボが生りました。

毎年生っているのですが、今年は異常に生りました。

庭には桜の木を4本植えてあるのですが、例年はサクランボらしきものが

全部で10個とか20個とかできるだけで、人間が食べる前に鳥につつかれたり

自然に落ちてしまったりと、今まで食べた事がありませんでした。



食べた事がなかったのと、あまり数もできなかったため、

今までは「多分美味しくないサクランボだ」と思い込んでいました。

それが今年は異常にできた上に、実はとっても甘くて美味しい事が分かりました。

木を植えたお義母さんに聞くと、佐藤錦という品種を植えた、という事で

本当なら普通に売っているのと同じサクランボです。



今回改めて調べて分かったのですが、家の庭の桜の木は観賞用ではなく、

どちらかと言えば実を収穫する品種で、本当に食べるサクランボの木でした。

花見用の桜の木が偶々実をつけた、くらいにしか私は思ってなかったので

道理で美味しい訳だ、と納得してしまいました。

さくらんぼ.jpg

といっても、今までは10個くらいしか実が生らなかったのに、今年に限っては

取り切れないくらい生るというのも分かりませんが、日照時間や受粉を促す蜂が

近くに巣を作った事、一応実を守るためネットを張った事等が良かったのかもしれません。



とある日曜日に家族皆でハシゴを出してきたり、蜂除けネットをかぶったりしながら

サクランボを収穫しました。とても熟していたようで、少しの振動でせっかくの実が

ポロポロと落ちていってしまう程でした。表面まで蜜がにじみ出ているのか、

実を触るとベトベトしていたり、一つの茎から3個も実が生っているのがあったりと

なかなか楽しめました。もいで直ぐに水で洗って食べてみましたが、普通に甘くて

ドンドン食べられました。



あまりにたくさん取れたので、近所の人に配ったり、お義母さんの所に

お裾分けに行ったりしましたが、まだまだ食べきれない程収穫できました。

最終的には鍋にいっぱいのサクランボでジャムを作りました。

ジャム作り自体は楽しかったのですが、その工程の中でサクランボの種を

一つずつ手で取りだす、というのがあり、これはギブアップしそうなくらい

めんどくさかったです。
ジャムの前です.jpg

最終的には無事にジャムができました。鍋一杯のサクランボだったのに、

少し大きめのジャムの瓶に入ってしまうくらいの量になってはしまいましたが、

なかなか上手にできたため、しばらくは美味しいサクランボジャムを楽しめました。
煮た後のさくらんぼ.jpg



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 中野 at 00:00 | Comment(0) | 日記
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office