ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年11月20日

世界の消費税あれこれ


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の北村です。

日本では10月1日より消費税率が10%になり、食品や新聞に対
して軽減税率の適用が始まるなどしましたが、海外の消費税率はど
うなっているのか?と思い、調べてみました。

世界で一番消費税率が高いのはハンガリーで、消費税率は27%で
す。軽減税率も2種類あり、穀物や小麦を使った製品や宿泊施設の
宿泊料が18%、肉類・魚類・医療品・本などが5%だそうです。
ハンガリーに限らず、ヨーロッパ諸国は消費税率が高く、軒並み2
0%を超えています。
スウェーデン、デンマーク、ノルウェーといった北欧諸国は消費税
率が25%ですが、一方で医療費や教育費が無料で、これらは消費
税率の高さを背景に実現している、という側面もあります。

一方、一番消費税率が低いのは台湾やカナダの5%です。
台湾は海外からの旅行客を対象とした税還付制度があり、彼ら彼女
らのショッピングを促す、という側面があるようです。

カナダは食材、農産品、処方薬など日常生活に密接なものは非課税
または税率0%となっており、我々からはとてもうらやましく感じ
ます。
そのほか、シンガポールやタイが消費税率7%と低い部類に入って
います。
ちなみにお隣の韓国が10%、フィリピンが12%、中国が17%
となっております。

このように調べてみると、世界では消費税率が5%から27%まで
さまざまありますが、いずれにせよ、これらの税金が各国の国民の
生活向上のために有効利用されることを祈るのみです。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 北村 at 12:23 | Comment(0) | 日記

フォー・ガーとベトナムチャーハンを食べてみました


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


入江会計事務所の遠島です。

十一月に入り、本格的に冷え込む時期になりました。
インフルエンザも本格的に流行する季節になりますので
お身体にはお気をつけ下さい。


私は、十一月の半ばに神戸にあるベトナム料理の専門店で
フォー・ガーとベトナムチャーハンを食べてみました。
フォー・ガーは小学時代に学校の給食で食べたことがありますが、お店の店員さんにサラダをかけて食べると教えていただきました。本格的なベトナム料理を食べるのは生まれて初めてでしたので少し驚きました。
食べてみた感想は、フォーの方は麺がツルッとしていてとても食べやすく、チャーハンの方はカレー風味が効いていてとても美味しかったです。
ベトナム料理の食文化について、少し調べてみました。


ライスヌードルといって、米粉を用いた麺類(フォー)や、
小麦粉麺(ミー)、春雨(ミエン)といった麺類が
よく食べられており、米の文化も色濃くあって
米料理の種類も豊富にありました。
また食べに行った時は、日常生活では珍しい料理も
注文して食べてみようと思います。
今後も、日本料理だけでなく、韓国やエジプトといった
多国籍料理を積極的に食べに行ってみようと思いました。

world_vietnam_aozai.png



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 遠島 at 00:00 | Comment(0) | 日記
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office