ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年12月18日

法定調書合計表って?


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の北村です。
2019年も残りあと1ヶ月を切り、我々もお客様の年末調整で忙しくな
る時期を迎えました。
毎年11月になると、税務署から年末調整関係の書類が入った封筒が各
事業所に届きますが、その中に「法定調書合計表」という書類が入っ
ています。今回はこの法定調書合計表について取り上げたいと思いま
す。
法定調書合計表とは、今年1年間の給与・退職金の支払、税理士・弁
護士等への報酬の支払、家賃・駐車場への支払などについて作成する
6種類の法定調書を取りまとめている書類で、翌年1月末までに税務署
に提出することが義務づけられています。
みなさんの一年間の給与の支給額等が記載された源泉徴収票も法定調
書の一つです。
税務署は提出された法定調書をもとに納税者の給与収入、個人事業者
の事業収入、不動産の売買があったときの収入等を把握し、後の確定
申告においてこれらが適正に申告されているかを確認していきます。
税務署に法定調書合計表を提出する際は法定調書も一緒に提出します
が、すべての法定調書を提出するわけではなく、一定額以上の支払の
ものだけを提出します。
法定調書、法定調書合計表は税務署への適正な申告の基礎となる重要
な書類、という意識を持ってきちんと作成しましょう。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 北村 at 00:00 | Comment(0) | 日記
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office