ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2017年04月01日

経営力向上計画の拡充について


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


379f29eabcb83a44f768221fc87da634_s.jpg
税理士法人入江会計事務所の櫻間です。 

生産性向上設備投資促進税制が3月31日をもって終了いたしました。
次なる中小企業向けの優遇税制として、 
経営力向上計画を利用した制度が拡充されております。 

それに合わせて、経営力向上計画の申請の方法も変更が加わりましたので、 
改めて説明させて頂きます。 

■基本的な流れについては以下のとおりです。 

(1) 工業会等による証明書や、経済産業局による投資利益率に関する確認書を取得。 
(2) 当該設備を利用し生産性を上げるための「経営力向上計画」を策定し、 
    各事業分野の担当省庁から認定を受ける。 
(3) 認定を受けた計画に基づき、当該設備を取得。 

■生産性向上設備(A類型)・固定資産税の軽減措置のために必要な書類について 

経営力向上設備等のうち、 
生産性向上設備(A類型)、固定資産税の軽減措置の対象設備の場合 

工業会からの証明書の入手をする必要があります。 

設備取得の前に、 
設備メーカーに証明書発行を依頼し、 
設備メーカーを通じて工業会等から証明書を取得してください。 

なお、証明書は申請してから発行されるまで数日〜2ヶ月程度かかるため、事前に工業会等にご確認ください。 

■収益力強化設備(B類型)の関係書類について 
生産性向上設備投資促進税制の際に、経産局より発行を受けていた 
投資利益率に関する確認書が必要となります。 

書類の種類は異なりますが、基本的な手続きには変更はありません。 

■まとめ 

対象設備の拡充が図られており、 
まずは経営力向上計画を提出してから、 
固定資産の取得の都度、申請書類を作成するというのが大まかな流れになるものと考えら得れます。 

弊所でも、 
・経営力向上計画の書類作成業務 
・収益力強化設備(B類型)関連の書類作成業務 

を随時受け付けております。 
お問い合わせいただければ幸いです。 



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 櫻間 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office