ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年06月12日

宿泊税


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


外国人観光客の増加により、ホテル等の需要が堅調ですが、
観光の振興を図ること等を目的として
宿泊税が導入され、または導入を検討されています。
導入済み…東京都、大阪府
導入予定…京都市(平成30年1月1日から)
導入検討中…北海道、福岡県、宮城県

税額ですが、東京都、大阪府では、
一人一泊あたりの宿泊料金が以下のいずれかで税額が決まります。
(消費税相当額、宿泊サービス以外の食事等を除いた料金です)
10,000円未満・・・免税
10,000円以上15,000円未満・・・100円
15,000円以上20,000円未満・・・200円
20,000円以上        ・・・300円

ちなみに京都市は以下の通りで、若干強気です。
20,000円未満      ・・・200円
20,000円以上50,000円未満・・・500円
50,000円以上      ・・・1,000円

その一方、東京都は2020年のオリンピック・パラリンピック期間中は
宿泊税の課税をしない方針を発表しました。
当初、オリンピックの大会関係者のみ免税という方針でしたが、
ホテルや旅館での確認作業が煩雑になるということで、
宿泊者全員にその範囲を拡大したようです。

利用者に税負担を負わすことになりますので、
その導入をめぐっては競争力低下等の懸念があるようですが、
ある程度の税収が見込まれるため、
今後も導入が拡大していくことが予想されます。




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 塗木 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office