ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2018年12月25日

仮想通貨(暗号通過)を保有する際の秘密鍵の重要性


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


一時の熱狂が収まった様にも感じる仮想通貨ですが、

個人的に保有するメリットがあるかどうかをいろいろ調べています。
その中で、仮想通貨が他の通貨や電子マネーとは、とても大きく違う性質のものだと感じた特徴があります。
一番衝撃を受けたのが、秘密鍵の扱いが完全自己責任になっていることです。

秘密鍵を紛失すると、何人たりとも(国家であっても)仮想通貨を引き出せなくなる。

通常、有価証券や金、株式であったら、証券会社などを通じて資産を保有し、その保有保管は、その証券会社などが担っており、たとえ資産にアクセスするパスワードなどを紛失しても、本人確認などを行うことで自分の財産にアクセスできなくなるということは通常ないと思います。つまり、再発行ができるのです。しかしながら、仮想通貨は違います。再発行は不可能です。

仮想通貨は管理者がいないシステムなので、自分の財産は、自分が暗号化して管理保有しないといけないシステムになっているとのことです。

すぐにIDやパスワードを忘れたり、管理が苦手な方は、安易に仮想通貨に手を出すべきではないと感じます。

ただ、反面、仮想通貨(暗号通貨)のこの強固な特徴は、他にない優れた特徴でもあると思います。秘密鍵さえ、しっかり自己管理すれば、世界のどこかのネットワークで仮想通貨のブロックチェーンが維持される限り、安全に資産が保持されているのは、それはそれで素晴らしい特徴だと思っています。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 宇津木 at 08:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office