ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年01月07日

教養としてのワイン


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


年末年始のお休みで家族や友人と会った機会にお酒を飲む機会があった人も多かったのではないでしょうか?

だからという訳ではないのですが、ダイヤモンド社発刊の「教養としてのワイン」です。
著者は、フランスへのワイン留学を経てNYのワインオークションハウスで勤務し、アジア人初のワインスペシャリストとして活躍されたという本格派の方です。

内容は、フランスとイタリアを中心にワインの産地とその特徴を歴史的背景を交えて解説している本で、ワインのみならず地理や歴史の勉強にもなるという一挙両得な内容です。

特に印象に残っているのは、有名なブルゴーニュ地方の中でもロマネコンティの畑は、土壌の質、畑の向き、方位、標高などどれをとってもパーフェクトとされており、わずかに道を挟んだだけの別の畑でとれるものとは品質も価格も全く異なるという一節でした。
まだ飲んだことはありませんが、いつかロマネコンティを味わってみたいものだと感じました。
https://www.youtube.com/watch?v=nfHTstrfbp8




br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 室田 at 20:22 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office