ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年08月12日

セミ


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


入江会計事務所の中野です。

今年も暑い時期になりました。
毎年この時期になると、私の家の周りでは蝉の大合唱が始まります。
朝日が昇ると早々に始まり、日が落ちるまで続きます。

子供のための学習教材で、蝉の事が取り上げられていました。
それを見ながら、改めて蝉の事を調べなおしました。
最近、蝉がうるさ過ぎると思ってましたが、うるさいのはどうやら
クマゼミのようです。
クマゼミは日本最大の蝉の一種で、鳴き声もジージーとうるさいのが特徴です。
クマゼミ1.jpg
蝉はオスしか鳴きません。メスを呼ぶためなのでオスしか鳴かないそうです。
クマゼミの特徴として、その鳴く時間があります。
クマゼミは朝日が昇ると同時に鳴き始め、お昼前にはピタッと鳴き止みます。
この時間だけ鳴いて午後は木の蜜を吸ったりしているそうです。
厳密に言うと、午後でも曇っていたりと朝方に似ている条件の時には
鳴き始めます。蝉が鳴くのには温度と明るさが大きな条件です。
そのためクマゼミはある程度温度の上がってくる昼ごろになると
ピタリと鳴くのをやめます。その代わりに鳴き始めるのがアブラゼミです。

私の幼少の頃はクマゼミはかなりレアな昆虫で、ゲットしたらとても凄いという
扱いでした。幸い近くの神社に腐る程クマゼミがいたので、
昆虫採集の時にはレア物のクマゼミを難なくゲットできてましたが。
現在ではクマゼミは一番ポピュラーなセミになってしまいました。
これは一説には温暖化のため、と言われています。
もともと関西よりももっと暖かい所にいた蝉が、
温暖化が進んだ結果、関西にも住める様になったというのが1つの要因としてあるようです。
また別の説では、クマゼミの卵管は硬いので、都会のアスファルトだろうが、
硬い地盤だろうがおかまいなく卵が産み付けられる、都会向きの蝉だからとの事です。

うるさいクマゼミの声を聞きながら、暑苦しさが増すなぁと思う一方、
夕暮れのヒグラシの声を聞くと、幼い子供の頃の事を思い出し懐かしくなります。
ヒグラシ1.jpg



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 中野 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office