ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2019年11月25日

庭掃除


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


入江会計事務所の中野です。

この季節の我が家の定例行事である、庭掃除をこの前の日曜日にしました。
特に庭木の葉っぱが大量に落ちているのを掃除しないと
見た目にも非情に格好悪いため、
少し涼しくなると途端に落ち始める葉を処理します。
掃除前.jpg
今年から庭を全面砂利敷にしたため、落葉が砂利の中に入ってしまい、取るのがさらに面倒になっています。
色々調べた結果、うちの場合は葉を集めるのにまず熊手を使用することにしました。
写真のようなものも熊手と呼ぶそうです。
潮干狩りのときや園芸で使うものは知ってましたが、
このような竹でできたものも熊手と呼ぶのは今回初めて知りました。

熊手で葉っぱを集めます。葉っぱと砂利の種類によっては、集めているうちに葉っぱがドンドン砂利の中に入り込んでしまう場合もあります。
そうなると熊手ではあつめられなくなるので、手で集めるしか方法がなくなります。

熊手の他にも、竹ボウキではく事やブロワーという空気を噴出する機械で葉っぱを飛ばして一箇所に集める、ということも検討しましたが、竹ボウキは持ってないし、ブロワーで集めるのはとても時間がかかるので、まず熊手で集めることにしました。

やってみると案外熊手は調子が良く、1時間程で随分作業がはかどりました。
ちょうど晴れの日が続き、葉が乾燥していた事や葉のサイズが比較的大きかったのが勝因と思います。
熊手ですると下に敷いている砂利も集めてきてしまう箇所が何箇所か残ったので、そこは手と小さいホウキで葉を集めていきます。
集めた はをゴミ袋に入れたりしていると、結局2時間くらいかかりましたが、何とか当初の目標くらいには清掃が終わりました。
ゴミ袋3つ分の葉っぱが集りました。
掃除後.jpg
幼いころは、おじいちゃんがその葉っぱで焚き火をしたり焼き芋を作ったりしてくれましたが、
焚き火は怖くてできません。近所に何か飛んでいってしまうかもしれないし、何より勝手に庭で火を燃やす事が大丈夫なのか分からないためです。
おじいちゃんの家はもっと田舎だったからか、しっかり対策をしていたのか、昔はもっとおおらかだったのか、どれが理由か分かりませんが、今は落葉で焼き芋しようとするのも少し不便になりました。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 中野 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office