ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2020年07月02日

軽油引取税って?


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


入江会計事務所の北村です。

お客様から預かる会計資料を見ていると、お客様がガソリンや軽油を
購入された際のレシートがよく含まれていますが、そのレシートを見
ると軽油引取税というものが記載されています。今回はこの軽油引取
税について書いてみたいと思います。

ディーゼル車両の燃料として使われる軽油。軽油を購入した際のレシ
ートを見ると、軽油本体の料金のほか、軽油引取税の金額も記載され
ていますが、これらの支払は軽油を販売するガソリンスタンド等に対
してされているので、購入者が役所に軽油引取税を納付しているとい
うわけではありません。

軽油引取税を納付するのはガソリンスタンド等の軽油の販売業者(軽
油の元売業者等から軽油を引き取った者)。販売業者が購入者から軽
油引取税を預かり、毎月1日から末日までに預かった軽油引取税を翌
月末までに納付します。納付する先はガソリンスタンド等のある都道
府県。すなわち、軽油引取税は都道府県の税金です。

軽油引取税は1ℓあたり32.1円。軽油本体の料金は日々変動しま
すが、軽油引取税は2008年5月から変動ありません。また、こ
の1ℓ32.1円というのはあくまで暫定税率で、地方税法では1ℓ
あたり15.0円が本則と定められています。
ただし、鉄道車両や船舶の動力源として使用する、農業用機械の動
力源として使用するなど一定の用途に使われる場合は都道府県に届
出をすれば免税となります。

以上が軽油引取税の概要です。
都道府県に納められた軽油引取税、当初は道路の整備等の特定財源
でしたが、現在は都道府県の一般財源となっています。
道路等のためだけでなく、我々の生活の改善にも使われる税金なの
で、我々の生活のためにも確実に納付され、きちんと使われるよう
見守っていきたいところです。






br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 北村 at 00:00 | Comment(0) | 税金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office