ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2020年07月07日

てんにんにょうぼう


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の中野です。



今年も七夕は雨で、織姫様と彦星さんはまた会えなかったのかと思います。

そもそも、7月7日などという梅雨の真っただ中にしか会えないというのは、

非常に意地悪な設定な気がしますが…

天の川 .jpg

ところで皆さんは「天人女房」というお話をご存じでしょうか。私の認識では、

「天女が水浴びをしている隙に天の羽衣を隠してしまい、そのために天女は天に帰れず、

羽衣を隠した男と結婚する。しかし、ある時に隠していた羽衣を天女が見つけてしまい、

天に帰っていく」といった内容でした。



今回、家族で七夕の話をしていた時に妻が「そういえば天人女房も七夕よね」

とか言い出して、「えっ、天人女房は七夕関係無かったやろ」と返事していましたが、

その後娘が持ってきた天人女房の絵本を見て自分の過ちが分かりました。



娘の絵本によれば、天女が天に帰る際に子供に夕顔の種を渡します。

その夕顔を植えるとつるが天に届くくらいすぐに伸びて、

それをつたって夫と子供は天女の妻に会いに行く事ができます。

その後、夫が妻のいいつけを守らずに天の甘瓜を勝手に割ってしまうと

甘瓜の中からドンドン水が出てきてしまい、それが天の川になり、

男と天女は川のあちらとこちらに分かれてしまい、

その際にそれぞれ彦星と織姫の星になった、というお話でした。



改めて考えると天女が天に帰った段階までしか話を覚えていなかった事は確かですが、

絵本を読みながらもどうやって七夕につなげていくんやろと思っていた所、

最後の頁でちゃっかり彦星と織姫になってしまったのは驚きでした。
おりひめひこぼし .jpg



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 中野 at 08:41 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office