ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office

2020年09月17日

車の購入は節税になる?


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


税理士法人 入江会計事務所の野村です。

今期は会社の利益が多く出そうだからと、車の購入を検討される経営者の方もいらっしゃると思われます。
しかし車を買うときに支払った代金やローン返済額がそのまま経費に落ちるわけではないことはご存知でしょうか。

値段の高い車はすぐ使って終わりではなく何年も使用するため、
使う年数で分割して経費にしようという税務上の考え方があります(この経費を減価償却費といいます)。
使う年数は税法上で決められていて(新車の場合6年が一般的です)、1年あたり経費にできる額には限度があります。

車の購入の時期によっては、支払った代金に対してほとんど今期の経費にならないことにも注意が必要です。
例えば8月決算の会社で、今期は多く利益が出そうだなと思い6月1日に車を買った場合
経費にできる対象期間は3ヶ月分(6/1〜8/31)しかありません。

この経費(減価償却費)はお金そのものが出ていくわけではないので、
本当に車が必要で、お金を用意していたなら、嬉しい経費かもしれません。

ただし、節税目的ならば購入した金額に対して節税できる金額が少ないということを考慮する必要があります。
会社にお金が残らず、来期以降の資金繰りが上手くいかないといったことも考えられますので、
車を購入する際は慎重に検討されることをお勧めします。



br_banner_hanabi.gif


励みになりますので、クリックにご協力していただけますと幸いです。


神戸 税理士 メールマガジン
↑↑↑

メルマガ発行しています!

『〜入江会計事務所通信〜』


神戸の税理士 会社設立は入江会計事務所


posted by 野村 at 00:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ツイッターやってます! →  https://twitter.com/irie_office